仮想通貨に関する総合ニュースサイト「ビットプレス」

  1. トップページ
  2. >ニュース
  3. >フィンテック
  4. >ソフトバンク、スプリントなど通信事業者が参加するブロックチェーン・コンソーシアムを発足

ニュース

ソフトバンク、スプリントなど通信事業者が参加するブロックチェーン・コンソーシアムを発足

キーワード
ブロックチェーン

通信事業者であるソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)、米Sprint Corporation(以下「スプリント」)、台Far EasTone Telecommunications Co., Ltd.(以下「ファーイーストン」)と、ブロックチェーン技術開発企業である米TBCASoft, Inc.(以下「TBCASoft」)は、このたび新しいブロックチェーン・コンソーシアム「Carrier Blockchain Study Group(キャリア・ブロックチェーン・スタディー・グループ、以下「CBSG」)」を発足しましたので、お知らせします。CBSGは今後、グローバル規模でさらに多くの通信事業者の参加を募る予定です。また、ソフトバンク、スプリント、TBCASoft(以下「3社」)は、TBCASoftの革新的なブロックチェーン技術を活用した、キャリア間ブロックチェーン決済システムの実験に成功しました。


<ご参考>システム構成図


2017年2月、3社は、通信事業者向けブロックチェーン技術の共同開発における協力を目指すことに合意し、TBCASoftのブロックチェーン・プラットフォームと通信事業者のシステムを接続する実験に取り組んできました。今回、新たにファーイーストンが加わったことを機に、この連携を、次世代のキャリア間ブロックチェーン・プラットフォームとエコシステムの構築を目指すコンソーシアムに発展させます。CBSGは、安全な清算や決済、個人認証、IoT端末向けアプリケーションなどのさまざまなサービスを、ユーザー向けに提供するプラットフォームの構築を目指して、研究開発を推進していきます。

また3社は、通信事業者のシステムと接続可能なTBCASoftのブロックチェーン技術を使ったキャリア間ブロックチェーン決済システム上で、通信事業者間のトップアップ※1やモバイルウォレット※2連携、国際送金、IoTを使った決済の実験に成功しました。TBCASoftの技術により、24時間365日低コストで稼動し、高い安全性と汎用性を兼ね備えたグローバル・ブロックチェーン・プラットフォーム・システムが実現しました。なお、2017年9月12日から14日に米サンフランシスコで開催される「Mobile World Congress Americas」のスプリントのブース内において、TBCASoftが紹介される予定です。

このプロジェクトでは、通信事業者の通信バックエンドシステム同士を接続します。このシステムにより、通信事業者間のトランザクションの遅延またはエラーをなくすことが可能になります。既存のビジネスオペレーションを大幅に向上するだけでなく、より重要な点としては、通信事業者にさまざまなビジネスチャンスを生み出します。

▼ソフトバンク、スプリント、ファーイーストンおよびTBCASoft、通信事業者が参加するブロックチェーン・コンソーシアムを発足
▼ソフトバンク公式サイト