仮想通貨に関する総合ニュースサイト「ビットプレス」

  1. トップページ
  2. >ニュース
  3. >フィンテック
  4. >ペンタセキュリティ、韓国仮想通貨取引所コインリンクにWAFの「WAPPLES(ワッフル)」を提供

ニュース

ペンタセキュリティ、韓国仮想通貨取引所コインリンクにWAFの「WAPPLES(ワッフル)」を提供

キーワード
セキュリティ

 データ暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長陳貞喜、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)が11月14日からブロックチェーンプラットフォームの専門企業である「CERTON」が運営する仮想通貨取引所の「コインリンク」に、自社開発の論理演算分析エンジンを搭載したWebアプリケーションファイアウォールの「WAPPLES(ワッフル)」を提供。

世界的に仮想通貨市場が急成長を迎える中、これをターゲットにするサイバー攻撃が国内外を問わず急増。日本では、2017年上半期に個人の仮想通貨口座をハッキングした事件が33件発生し、これにより約7650万円の仮想通貨が盗難にあい、また韓国最大規模の仮想通貨取引所である「Bithumb」では、職員のPCがハッキングされ、約3万人分の顧客情報が流出される事件もありました。

こういう状況の中、「コインリンク」では、個人情報流出やハッキング脅威などの様々なサイバー攻撃に対応するため、セキュリティ専門企業との業務協約を締結し、ユーザーが安全に利用できる仮想通貨取引所の構築に勤しむ中、ペンタセキュリティの「WAPPLES(ワッフル)」を導入することで、高レベルのセキュリティシステムを構築、とのこと。

今回「コインリンク」に導入されたペンタセキュリティの「WAPPLES(ワッフル)」は、国内およびアジア∙パシフィック地域1位のWebアプリケーションファイアウォールで、独自の技術力で開発された論理演算分析エンジン(COCEP)を搭載しており、まだ知られていない攻撃まで遮断し、誤検知率を低くしたのが特長とのこと。

ペンタセキュリティCSOのDSKimは、「国内だけでなく、全世界的に多数の仮想貨幣取引所がハッキングのターゲットになる今、さらに高レベルのセキュリティを持たなければならない。セキュリティシステム構築に投資しない仮想通貨取引所は、長期的な観点から見ると淘汰されるしかない。」とし、「ペンタセキュリティの金融機関の受注レファレンスを基盤にして、Webセキュリティとデータ暗号を適用すると、仮想貨幣取引所を利用する顧客らが情報漏洩や資産損失に対する憂慮なく、安全な取引できる環境を確保することができる。」と言及しました。

▼ペンタセキュリティ, 韓国仮想通貨取引所に論理演算分析エンジン搭載WAFの「WAPPLES(ワッフル)」を提供
▼ペンタセキュリティ公式サイト