仮想通貨に関する総合ニュースサイト「ビットプレス」

  1. トップページ
  2. >コラム・レポート
  3. >フィスコ仮想通貨ニュース
  4. >米アップル、「アップストア」の仮想通貨関連ガイドラインを改訂

コラム & レポート

バックナンバー

フィスコ仮想通貨ニュース

米アップル、「アップストア」の仮想通貨関連ガイドラインを改訂

 米アップルは、同社が運営するアプリ配信サービス「App Store(アップストア)」の審査ガイドラインを改訂し、仮想通貨に関する新たなルールを制定した。

新たに導入されたルールの一例として、マイニング(仮想通貨の新規発行と取引認証の際に行われる計算作業)に関しては、クラウドマイニング(マイニング企業のハードウェアに小口で投資する手法)など計算作業をアップルのハードウェア上で行わない場合を除いて、アプリの展開は禁じられることになった。

また、ICO(仮想通貨技術を利用した資金調達)に関するアプリについては、既存の銀行、証券会社、先物取引業者(FCM)、またはその他認められた金融機関によるものである必要があり、適応法に順守すべきと定めている。

大手IT企業においては、1月に米フェイスブック、3月に米グーグルの持ち株会社アルファベットと米ツイッター、5月には米マイクロソフトの検索サービス「Bing(ビング)」が消費者を詐欺行為などから保護する目的で、相次いで仮想通貨関連広告の禁止措置を発表した。

アップルについては、こうした全面的な禁止措置は講じていないものの、今回の改訂により「アップストア」上で配信が認められるアプリがどのような運営・機能とすべきか具体的なルールを提示し、制限が厳格化された。

《MT》


フィスコ仮想通貨取引所