仮想通貨に関する総合ニュースサイト「ビットプレス」

  1. トップページ
  2. >ニュース
  3. >関連ニュース
  4. >CAMPFIRE、クラウドファンディングに「ビットコイン決済」導入 ― Coincheck paymentを採用

ニュース

CAMPFIRE、クラウドファンディングに「ビットコイン決済」導入 ― Coincheck paymentを採用

キーワード
ビットコイン決済
coincheck

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入 一真 / 以下、CAMPFIRE)は、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて、2017年9月12日より、コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田晃一良 / 以下、コインチェック)の決済サービス「Coincheck payment(コインチェックペイメント)」を導入し、同日よりCAMPFIREでプロジェクトを支援する際のビットコインによる決済を可能に。


CAMPFIRE、クラウドファンディングに「ビットコイン決済」導入


■クラウドファンディング「CAMPFIRE」におけるビットコイン決済の導入について

CAMPFIREは2011年よりクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営しており、これまでに8,000件以上のプロジェクトを掲載し、プロジェクトに対する総支援者数は約30万人、流通金額は32億円に達しました。この度のビットコイン決済の導入により、クレジットカードでは難しかった高額支援や海外からの支援を容易に行うことが可能に。さらに、2017年4月に行われた改正資金決済法等の施行以降、注目を集めているビットコインを導入することにより、決済システム導入のノウハウを構築して参ります。

■CAMPFIREのビットコイン決済導入後の未来

株式会社CAMPFIREは、企業・個人が安心して仮想通貨をファイナンス手段として利用するマーケットを創造し、CAMPFIRE経済圏を拡大していくための布石として、2017年3月に仮想通貨取引所「FIREX」を開設致しました。同時にビットコイン、ブロックチェーンのユースケース開発にも取り組んでおり、ビットコインがチームコミュニケーションツール「Slack(スラック)」上で手軽に送付できるSlackbot「OKIMOCHI(オキモチ)」を2017年8月よりご提供しております。また、ビットコインのセカンドレイヤーと呼ばれる「Ligntning Network(ライトニングネットワーク)」等の新技術の専門チームによる検証も進めており、今後も仮想通貨領域の新技術のプロダクト開発への技術の応用・転用を図って参ります。

【ビットコイン決済導入に寄せて】
株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長:家入一真
CAMPFIREは、これまでに仮想通貨取引所「FIREX」の開設と、Slack上でのビットコイン送金bot「OKIMOCHI」の開発といった、仮想通貨領域におけるサービス拡充を行って参りました。この度のビットコイン決済の導入は、仮想通貨をより身近に手軽に利用できる環境を整備するための一歩であると考えております。
CAMPFIREの目指す、1人でも多く、1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を実現するため、私たちはこれからもサービスを拡充して参ります。

▼CAMPFIRE、クラウドファンディングに「ビットコイン決済」導入。コインチェック社の「Coincheck payment」を採用
▼CAMPFIRE公式WEBサイト
▼coincheck payment公式サイト
▼コインチェック公式WEBサイト