仮想通貨に関する総合ニュースサイト「ビットプレス」

  1. トップページ
  2. >ニュース
  3. >情報サービス
  4. >FACTBASE、12月中にAIを活用した仮想通貨情報サービス「SIGNAL(シグナル)」サービス開始

ニュース

FACTBASE、12月中にAIを活用した仮想通貨情報サービス「SIGNAL(シグナル)」サービス開始

 株式会社FACTBASE(本社:東京都文京区、代表取締役:高橋 佑典、以下FACTBASE)は、2017年12月1日、仮想通貨市場のビッグデータを収集して分析するAIを活用した仮想通貨情報サービス「SIGNAL(シグナル)」の事前登録を開始。



本プロジェクトは、世界中の仮想通貨ビックデータを集め整理したデータベース「SIGNAL DB」を中心に、仮想通貨投資に役立つ様々なサービスを届けるプロジェクトで、東京大学の研究者による金融市場最先端のセンチメント分析モデルを活かした自然言語処理技術と、機械学習技術を使用し、データを収集・評価し続けることで仮想通貨市場を俯瞰できるデータベースを構築しAIと組み合わせて仮想通貨の値動きを予測していく、とのこと。

■SIGNAL(シグナル)サービス概要


ダッシュボード「SIGNAL Board」

1.SIGNAL Board
仮想通貨トレードの『投資判断の精度を高める』ダッシュボード。AIが評価・整理した値動きと関連度が高い情報を一画面で効率よく収集することが可能に。また、今世界で注目されている仮想通貨・出来事と、人々の感情の変化がリアルタイムで更新され、チャートと比べながら市場状況を俯瞰できます。


LINEへの情報配信「SIGNAL Alert」

2.SIGNAL Alert
値動きに大きな影響を与える可能性のあるイベントが発生したときにLINEに通知を送ることで、投資家が『買い時』『売り時』を逃さないためのサービス。仮想通貨の上場情報など価格を急騰させる情報や、取引所の停止など価格を暴落させる情報などが世の中に出たときにいち早く情報提供。中国・アメリカなどの海外のイベントも通知。

■運営チーム



CEO 高橋佑典氏プロフィール
大阪大学法学部出身。仮想通貨のビッグデータを元に市場を解明するFACTBASE社の代表。大学在学中に、途上国向けの感染症予防洗濯洗剤の製品開発事業を立ち上げ、インドでのフィールド・トリップやJICAでの講演等、代表として精力的に活動。1社目の創業企業であるEzmomにてゲーム関連事業を行い、複数の外国企業とアライアンスを担当。エンジニアとして月間数百万PVのWebサービス開発を立ち上げ期からリード。従業員の6割以上をエンジニアが占めるFACTBASEでは、組織作りにもリーダーシップを発揮し、ビックデータと機械学習・自然言語処理を用いて仮想通貨市場のデータ市場を創り、仮想通貨時代のBloombergを目指す。

■登録について


12/1よりSIGNAL α版の事前登録受付が開始。登録においては、LINE@での友だち追加、メールアドレス認証が必ず必要なので、この点ご注意を。尚、登録後は以下の様な内容がLINEに届く形に。

  • SIGNALサービスオープンのお知らせ
  • 緊急性の高い値動き(暴騰・暴落)情報
  • サービスの機能追加/アップデート
  • その他、重要なお知らせ

▼FACTBASE、仮想通貨市場予測AIプラットフォーム「SIGNAL」の事前登録開始。仮想通貨のビッグデータをAI(機械学習)で分析
▼FACTBASE公式サイト