仮想通貨に関する総合ニュースサイト「ビットプレス」

  1. トップページ
  2. >ニュース
  3. >取引会社
  4. >SBIホールディングス、仮想通貨関連事業を展開するHuobiグループと 資本および業務提携の基本合意

ニュース

SBIホールディングス、仮想通貨関連事業を展開するHuobiグループと 資本および業務提携の基本合意

キーワード
SBIホールディングス

 SBIホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)は、中国を中心としたアジア地域で仮想通貨関連事業を展開するHuobi Universal Inc.およびその関係会社(以下「Huobiグループ」)と、資本および業務提携を行うことについて基本合意。

Huobiグループは中国最大級の仮想通貨取引所「火幣」を4年以上運営しており、現在は仮想通貨取引所「Huobi.pro」を始め、シンガポール、香港、韓国、日本等の地域において同社が培った仮想通貨関連技術・ノウハウ・人材を用いて、デジタル資産取引所、情報・調査サービス事業、仮想通貨管理用のウォレット事業を展開。

当社では投資家の多様なニーズに応えるべく、仮想通貨の取引所運営事業への参入に向け、SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社を設立したほか、香港でのDigital Asset Exchange(仮称)の開業準備を進めるなど、仮想通貨関連の事業展開を進めてまいりました。SBIバーチャル・カレンシーズでは2017年9月29日に仮想通貨交換業の登録を完了しておりますが、当社グループの顧客基盤(SBI証券:400万口座超、住信SBIネット銀行:300万口座超、SBIグループFX取引口座数※:100万口座超、2017年11月末時点)およびそれ以外の顧客からも大幅な流入を想定し、充分な処理能力を有する体制でのサービス提供のため、システム整備およびセキュリティ対策を含む環境構築に注力してまいりました。このたび、これらの取組みの一環として、中国において大手仮想通貨取引所の安定的な運営実績を保有するHuobiグループ(165万口座、1日の最高取扱高:300億人民元(約5,100億円)以上)との間で下記の件について検討することに基本合意いたしました。

※SBI証券、SBI FXトレード、住信SBIネット銀行の3社合計

■資本および業務提携の内容

  • 日本およびアジアでの仮想通貨関連事業の展開に際して、Huobiグループが保有する技術・ノウハウ・人材を活用
  • Huobiグループの日本企業(Huobi Technology Japan 株式会社)の持分30%、およびHuobiグループの韓国企業(HUOBI CO., Ltd)の持分10%取得
  • Huobiグループによる、SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社の持分30%取得

▼中国を中心としたアジア地域で仮想通貨関連事業を展開するHuobiグループとの資本および業務提携に関する基本合意のお知らせ
▼SBIホールディングス公式サイト
▼Huobiグループ公式サイト